私が起業家のための新講座を始める本当の理由③

今日は雨ですね。

8月もあとわずか、一年があっという間に終わりそうです。

新年に立てた今年の目標は達成できそうですか?

 

今回のブログではカルチャー教室の講師から

イベント依頼を頂けるようになるまでを

お話します。

 

 

ある日、突然電話がかかってきたんです。

 

「○○というイベントがあって

そこで1時間半くらいの内容で

セミナーをやってみませんか?」

 

 

こういう事ってホント

いつも突然です。

 

やれるかどうかわからないけど

カラースクールに所属していた頃を

思い出して

 

とりあえず「はい」

 

 

 

依頼を頂ける今になって思うのは

こういう時、絶対

躊躇しちゃダメ

 

 

できるかどうか

ではなく

 

やりたいかやりたくないか

 

 

そこが返事を決めるポイントです。

 

 

 

 

そしてまた顔合わせ。

 

イベントとなると

紹介して下さった方だけでなく

間に入って下さる会社の担当者やその上司

 

諸々と関わる人が増えてくるので

これがまた次のご縁と繋がるもの。

 

 

 

私の場合は全く売り込みはせず

こうして打ち合わせの機会や

実際のイベントを一緒に行うことで

縁をつないでいきました。

 

 

表面的な話をするとたったそれだけのことですが

大事なポイントがあります。

 

 

それは最初のイベント依頼を頂いた際に

私を見つけて下さったのが

カルチャー教室のチラシ。

 

 

チラシの写真はプロに撮ってもらった

鮮明な写真を使いましたし、

 

その写真では衣装からメイクまで

全てブランディングされたものを。

 

何よりその広告に載せたのが

ドレープ(カラー診断で使う色布)の

写真でなくて良かった。

 

 

(結構、広告の写真って

道具とか作品を載せる人が多いんです。)

 

 

 

だって顔出ししてなかったら

イベント企画の担当者さんも

壇上に立つ私のイメージが

パッと湧かないでしょ。

 

 

 

 

また急な顔合わせの場面でも

講師としてのファッションが出来るように

なっていたことや

 

 

地道にSNSの発信を続けていたことが

履歴書代わりになりました。

 

 

 

 

先のことは誰にもどうなるか

わかりません。

 

起業をしていると

目の前のことで精いっぱいなことが

多いと思いますが、

 

 

ブランディングとは

ちょっと先の未来を

想像して組み立てておくことなんです。

 

 

 

「まさかあの時から

こうなるとはね」

 

そう笑って言える日のために

ワクワクする気持ちを

ファッションに載せる!

 

そして日々その外見を

目にしながら頑張る!

 

そうやって夢を叶えていく!

 

 

これから開催する「魅せ方講座」は

そんな講座にしていくつもりです。

 

 

次回のブログでは

このまま順調にいくかと

思った矢先に訪れた大失敗について

お話したいと思います。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

三好さよ子プロフィール

子供服屋を営む両親のもとに生まれるが一向に
おしゃれに目覚めることなくそのまま25年間
オシャレ迷子を経験。

ふりふりのお嬢様ファッションから
サーファーカジュアルまで
彷徨いまくった結果、


たまたま見かけたパーソナルカラー診断の
看板を見て理論的に学ぶファッションが
あることを知る。


その後カラースクールで養成講師、
結婚式場やイベント開催を経験し
2013年に独立し個人サロンをオープン


2019年ごろから
カルチャー教室や百貨店など
個人サロンでは参入が難しい外部の仕事を
頂けるようになりイベントはヤフーニュースにも
取り上げられるようになる



独立して10年を迎えるにあたり
出会った人の人生を変えるような
仕事をしたいと思い、

この秋から新メニュー「起業家のための魅せ方」講座を
準備中。


●公式ラインのご登録はこちら
https://lin.ee/IwMU5ms
●Instagram
https://www.instagram.com/sayoko.color/