サマータイプ(ブルベ夏)

きれいめカラー・色もの

あじさいのような涼やかで、明るく混じり気のある抑えた色が得意です。

色モノが好きな人はきれい色を楽しんで。

ベーシックな色がお好きな人は挿し色として少量入れると、程よく華やかさが生まれます。

 


ベーシックカラー

オフホワイトや明るいグレー、ネイビーなどが得意です。

人によってはライトグレージュやカカオブラウン(赤みブラウン)、ピンクベージュなどの茶系も使えます。

ベーシックカラーは『ファッションの土台』になります。決めることで着回しや効率のよいクローゼット作りができるようになります。


靴・バッグ小物カラー

ベーシックカラーであるグレーやオフホワイト、ネイビーなどは揃えておくと便利です。グレージュもOK。

挿し色として使いやすい水色やレッドなどを少し持っていてもコーディネートの幅が広がります。


ヘアカラー

もともとの髪色のままで染めていなくても顔映りの良い人が多いです。

ピンクやパープルが含まれるブラウン系やアッシュ(灰がかった)系の色から選ぶようにすると自然なブラウンの髪色が作れます。


アクセサリー

基本的には、シルバーのものが得意で肌をきれいに見せてくれます。

中には、ピンクゴールド、ゴールドと合わせて使った方がよいひともいます。アンティーク仕上げやつや消しなどマットなものが得意です。

パールも似合いますので、組み合わせて取り入れましょう。


ファンデーション

基本的にはピンク肌、赤みの強い人から色白まで、たまにオークル系の人がいらっしゃいます。

明るめのピンク系やナチュラル色から探してみて下さいね。

またふんわりパウダリーな肌なので、艶の出るパウダーやハイライトは控えめにします。


アイシャドウ

「きれいめカラー・色もの」のパレットを参考にして

ナチュラルに仕上げたい方は「ベーシックカラー」のパレットから選びます。

色名としては、ピンク・パープル・ブルーや赤みブラウン、グレーなどです。マットなものやラメの少ないものが得意です。


チーク

ピンク系やローズ、紫がかったピンク色が自然な血色感となる色です。色の混じり合った微妙な色が得意です。

 


リップ口紅

ピンク系やローズ、ベリー系、オレンジぽくない赤系が得意です。

質感は、マットまでにしなくてもいいのですが艶感は控えめにします。またグロスも少量、唇の中央にのせる位がよいでしょう。


メイクアップのポイント

サマータイプの人は、透明感のあるグラデーションメイクが得意です。

コントラストをあまりつけないよう、色の調子(トーン)を揃えるように全体的な雰囲気を大切にします。ひとつのアイテムをしていても常に

全体を意識するような感じです。

同系色でメイクをしたり、グレーからピンクへのグラデーションなどコントラスト感が強く出ないようにし、アイラインもしっかりぼかした方が似合います。

肌の赤みが気になる人も多いタイプなので、下地作りで工夫しておくといいですよ。


カテゴリー別サマー

サマータイプの方は、2番目に得意なカラータイプによりカテゴリーが3つに分かれます。

1stサマー 2ndスプリングのひとは「LIGHT」

1stサマー 2ndウィンターのひとは「COOL」

1stサマー 2ndオータムのひとは「SOFT」

 

同じカラータイプでも全ての違いが出てくるのは、2番目に似合うカラーグループが異なるからです。

細かな色の違いよりもカテゴリーで大きく捉えた方が色選びは、断然、楽になると思いますので参考にして下さい。

サマー(LIGHT)

ファッション

LIGHT(明るい・薄い)をキーワードに持っています。まずは「明るい色、薄い色」を基準に色を選んで下さいね。いわゆるパステルカラーです。

なるべく明るい色をお顔周りに持ってくるようにし、暗い色や濃い色はコーディネートの引き締めカラーとして使うと上手くまとまります。

メイク

ふんわりとした肌の薄さを生かすよう明るい色や淡い色を選ぶようにし、優しさや穏やかさを意識したメイクに少し引き締めを入れたメイクを心がけましょう。

サマー(COOL)

ファッション

COOL(涼やかさ・青み)をキーワードに持っています。まずは「涼やかさのあるすっきりした色」やを基準に色を選んで下さいね。

サマーの中で唯一、コントラストの効いたファッションが得意なのですっきりした色にネイビーやグレーを取り入れると上手くまとまります。

メイク

サマーの中では多少、肌に赤みのあるタイプなのでベースメイクに力を入れます。キリッとしたマニッシュなメイクも映えるタイプです。チェリーレッドやベリーなど明るさだけではなく強めの色も取り入れるようにしましょう。

サマー(SOFT)

ファッション

SOFT(柔らかさ・濁りみ)をキーワードに持っています。まずは「柔らかな色、色が混じり合ったような曖昧な色」を基準に色を選んで下さいね。

穏やかさやこっくり感が加わる魅力なので、淡く明るい色だけではぼんやりした印象になってしまいます。赤みブラウンやミディアムグレーベーシックカラーを使うと上手くまとまります。

メイク

きめ細やかな肌質やしっとりした瞳を生かすよう、反対の質感となるグロスやラメなどの艶の強すぎるものは避けるようにしましょう。リッチで落ち着いた印象を目標に、赤みブラウン系のアイシャドウなど深みのあるメイクが似合います。